防災技術株式会社

GeoDesign 連携システムおよびプログラム

GeoDesignと連携することで、GeoDesign本体と拡張機能(プラグインモジュール)の構成のみではおこなえない解析の補助や、より効率のよい処理実行を実現するなど、GeoDesign活躍の場を広げる独立プログラム群です。


三次元点群処理システム

GeoDesignとデータ互換性を持った点群処理システムで、 SimpPS3DChainEdgePSで構成されています。

SimpPS

点群ファイルを入力とし、点群数を削減してファイルに出力する独立したプログラムです。

  • 設定されたパラメーターに基づいて、出力する点群を制御します。
  • 「点の出力」と「目標点数」というパラメーターがあります。
  • 「点の出力」というパラメーターには 0-100 までの数値を設定します。0 とは隣り合う点群との変化率だけを用いて、100 とは隣り合う点群との間隔だけを用いて、間引きを行い「目標点数」に設定された数値だけの点群を出力します。
  • 例えば「点の出力」というパラメーターに 60 と設定すれば、変化率40%、間隔60%、の割合で間引き、「目標点数」に設定した数の点群を出力します。
  • 複雑な曲面を持つ機械系部品を計測した点群の場合には、変化の激しい領域の点群をできるだけ残し、なだらかな領域の点群を大きく削除することができます。
  • 入出力ファイルは、GeoDesignで入出力可能です。
  • 入出力ファイルや形式のカスタマイズ可能です。

3DChain

X-Y平面で見ればオーバーハングのある三次元点群ファイル(ASCII)を入力とし、三角形で連結したASCIIファイルを出力する独立したプログラムです。

  • パラメーターは無く、入出力ファイルを指定するだけで、自動処理します。
  • プログラムは入力点群を自動分割して処理し、大量点群の場合でも、効率よく処理します。
  • 入出力ファイルはGeoDesignで入出力可能です。
  • 入出力ファイルや形式のカスタマイズ可能です。

EdgePS

点群ファイルを入力とし、エッジ点群ファイルを出力する独立したプログラムです。

  • 点群ファイルを入力とし、エッジ点群ファイルを出力します。
  • 設定されたパラメーターに基づいて、エッジ認識の程度を制御します。
  • 「点の間の距離」というパラメーターに、数値を設定します。通常隣り合う点間距離の2倍以上の値を設定しますが、入力点群の分布状態と求めるエッジの状態とによって、試行を繰り返す場合もあります。
  • エッジ領域とはその先で点群がなくなっている状態ですが、連続している領域で、急激に折れ曲がった位置の点群を検出することもできます。
  • 入出力ファイルはGeoDesignで入出力可能です。
  • 入出力ファイルや形式のカスタマイズ可能です。

メッシュ法による土量計算プログラム

現況面ポリゴンと計画面ポリゴンがあるとき、設定した領域でのメッシュ毎の、盛土、切土、合計土量を計算する独立したプログラムです。
ポリゴン面、領域設定ポリラインは、GeoDesignでも入出力できます。

平均断面法による地層ごとの土量計算プログラム

現況面ポリゴンと計画面ポリゴンがあるとき、二次元縦横断線から三次元縦横断線を計算し、地層毎の、盛土、切土、合計土量を計算する独立したプログラムです。ポリゴン面、縦横断ポリラインは、GeoDesignでも入出力できます。

NfView

GeoDesignで作成し、特殊ファイル(*.nxv)に出力したものを、表示する機能を持つオートファクト株式会社のフリー版ビューアーです。
オートファクト株式会社のHPよりダウンロードできます。
http://homepage1.nifty.com/autofact/

BLDesign

二次元CADから出力した ASCIIの中間ファイルを、三次元に解釈する機能を持つプログラムです。

中間ファイル定義項目
ヘッダーブロック
ポリラインブロック
拡張ポリラインブロック
拡張ポリラインブロック2
角丸直方体ブロック
パイプブロック
部品ブロック
グループ開始ブロック
グループ終了ブロック
カメラ経路ブロック
光源ブロック

ボーリング柱状図変換ソフト(Boringcnv)

国土交通省形式のフォーマットで作成されたボーリング柱状図を編集しGeoDesign上で編集/三次元表示するためのボーリング柱状図操作(BoringEdit.dll)で読み込み可能なXMLファイルに変換するプログラムです。
編集機能では、検索機能を使い多くの柱状図データを効率よく地層区分できます。座標系の設定、新旧座標系の変換などもできます。

「BoringcnvおよびBoringEditを使用した国土交通省形式ボーリング柱状図変換」の詳細な情報はこちら

  • 座標系(設定、変換)、標高などボーリング基本情報の設定
  • 土質分類、土質記号の編集、地層区分判定条件の設定による編集
  • GeoDesignによる三次元表示の設定(地層ごとの色、柱状の形状、N値表示)
  • GeoDesign拡張機能のボーリングエディタ(BoringEdit.dll)XMLファイルへの出力
全体構成 基本的な作業の流れ
全体構成 基本的な作業の流れ

等高線処理プログラム(Cont2Linez)

三次元の等高線を表すdxfファイルを用いて、新しい三次元の等高線を計算/表示します。間隔の広い等高線を補完する狭い等高線をコントロールライン(断面線)を用いて生成します。