防災技術株式会社

三次元地質構造モデル モデルの作成提供

作成モデルの特徴

地下水解析、地盤変形解析などシミュレーションのベースとなる三次元地質構造モデルを構築します。 地球統計学的手法によるコンピュータ処理で地層面を作成するのではなく、地質専門家が地層面、断層面などの地質境界を等高線(標高は属性データ)情報として提供します。
座標系に対応しているので広域モデルと精緻なローカルモデルの重ね合わせ表示も可能です。

データベース化とモデル作成

三次元地質構造モデルでは、地層/断層などの地質境界面を等高線として表示、等高線をDEMやTINに変換したものを地質境界面とします。

  1. 既往地質情報のデータベース化
    ラスターデータからベクターデータへ変換作業をおこない、地球座標系を付与しGISデータとします。また、ボーリングデータなどの点群データを変換しGISデータとします。
    変換の例 紙データ→ラスターデータ化→座標付与(レジスタ)→ベクターデータ化
    ラスターデータ→座標付与(レジスタ)→ベクターデータ化
    点群データ→等高線データ→TINデータ
  2. 三次元地質モデル
    資料の収集、資料の取捨選択をし、資料のない部分に対しては地質学的解釈の入る高度な地質コンパイル作業をおこないます。
  3. シミュレーションモデル
    解析に必要な境界条件を地質モデル的に組み込みます。
    目的により、モデル化する地質を統合、選択します。

作成モデルの用途

例として、作成モデルは次のような用途でお使いいただけます。

  • 水循環、汚染物質拡散、地震応答などの三次元シミュレーション
  • 啓蒙、教育
  • 三次元構造で閲覧することによる地質専門家の解釈イメージのサポート

モデル作成に使用されている技術

GIS、3Dグラフィックソフトをツールとし、三次元地質構造モデルを作成します。

GIS

ラスターデータをベクターデータへと変換します。また、オーバーレイ解析、ポイントラインを3次元データとしてDXFファイルやテキストファイルとして出力します。

GIS画像

3Dグラフィックソフト(GeoDesign)

通常の3D-CAD、グラフィック機能に加え、100万ポイント以上の点群データからTINの作成および高度な編集をおこないます。

TIN画像