防災技術株式会社

代表者経歴

ホリ  シンザブロウ
堀  伸三郎

生年月日:昭和20年11月6日

  • 学歴・職歴など
    昭和43年 3月 日本大学文理学部応用地学科卒業
    昭和43年 4月 東京大学教養学部地学研究室 研究生
    昭和44年 4月 大平鉱山株式会社入社 調査課勤務
    昭和46年 9月 同社 退職
    昭和46年10月 株式会社応用地質調査事務所入社 仙台事務所勤務
    昭和54年 4月 同社  四国事務所 技術課長
    昭和57年 4月 同社  高知事務所 所長
    <応用地質株式会社に社名変更>
    昭和61年 4月 応用地質株式会社 本社環境計画部 課長
    昭和63年 6月 同社  本社斜面防災部 部長
    平成10年 4月 同社  本社技術本部砂防部 部長
    平成12年 1月 同社 退職
    平成12年 4月 財団法人深田地質研究所入所 主任研究員
    平成12年 9月 同財団 退職
    平成12年 9月 防災技術株式会社設立 代表取締役
      現在に至る
  • 資格
    昭和56年3月 技術士応用理学部門(地質)
  • 学界ならびに社会における活動
    1985年 4月~1990年 3月 応用地質学会編集委員
    1996年 6月~1999年 5月 社団法人地すべり対策技術協会広報委員
    1998年 4月~現在 地すべり学会用語委員
    1999年 6月~2000年 1月 社団法人地すべり対策技術協会積算委員長
    1999年 8月~2000年 3月 北海道専門委員制度委員(平成11年度 富良野川砂防工事)
    2001年 4月~2009年3月 日本大学文理学部地球システム科学科非常勤講師
  • 研究開発
    1983年 NATMロックボルト効果理論を応用した軟弱地盤沈下防止工法
    1988年 地すべり対策工事におけるアンカー工と抑止杭工法を併用する場合の許容変位の考え方
    1990年 滑り台効果を期待するEPSを芯材とした洞門上の衝撃緩和構造
    1993年 落石・崩壊衝撃力を緩和するための動的擁壁の設計法
    2002年 情報伝達シミュレーションツールiTsimの開発
  • 著書および学術論文目録
    1. 著書
      比抵抗映像法 (建設・防災・環境のための新しい電気探査法)
      古今書院 1994年 島・梶間・神谷編(適用事例の一部執筆)
      地すべり対策技術設計実施要領(平成8年度改訂版)
      社団法人地すべり対策技術協会 1996年 広報委員会編著(調査設計編を執筆)
      石川県地質誌・補遺
      北陸地質研究所 2001年 絈野義夫 編著
      (白山山頂部と周辺の地質平面図 1:25,000の編集・編図)
    2. 学術論文
      風穴の成因について―過去における低温気候起源説に対する反論―
      地学雑誌Vol89、No2(836) 1980年 江川・堀・坂山
      孔内傾斜計測定結果から見た地すべりの挙動
      応用地質調査事務所年報 No4 1982年堀・成田・井上
      孔内傾斜計による測定結果から見たトンネル掘削に伴う地山の挙動
      応用地質調査事務所年報 No6 1984年 成田・松山・堀
      一般国道33号 柳谷地区斜面崩壊の予測
      地質学論集第28号  1986年10月  堀・成田・関
      大規模崩壊の地形と地質
      応用地質第49回社内技術発表会部門別シンポジウム討論集 1996年 堀
      兵庫県南部地震における六甲山地の斜面災害
      応用地質技術年報兵庫県南部地震特集号 1997年 中川・山田・堀・本庄
      地震に伴い不安定化した斜面の挙動
      応用地質技術年報兵庫県南部地震特集号 1997年 若松・堀
      「八幡平地すべり・土石流災害調査委員会」成果報告書 4.5章土石流の解析
      社団法人地盤工学会八幡平地すべり・土石流災害調査委員会 1998年11月 堀・中島
      1997年秋田県澄川地すべりで発生した高速土砂移動現象の解析
      深田地質研究所年報 No1 2000年 堀・中島
      花崗岩体中の割れ目(節理)の時系列解析
      深田地質研究所年報 No3 2002年 藤井・堀
      災害時における情報伝達シミュレーションモデル
      投稿準備中 2003年 堀・大野・橋本・奥野
      ・デジタル立体写真測量による、稲田花崗岩の異方性と一軸引張破断粗度の違いについて
      日本応用地質学会 2006年12月 藤井・ 堀・高橋・竹村・林
      別当谷側壁でみられる白山甚之助谷地すべりの内部構造
      日本地すべり学会誌 第40巻 第4号 2003年 藤井・ 堀
    3. 学会発表
      トンネル施工管理の一手法としての孔内傾斜計測定結果の利用
      第19回土質工学研究発表会(松山) 1984年6月 岡林・北岡・堀・成田・松山
      那須火山北西麓の岩屑なだれ堆積物とその比抵抗断面
      地球惑星科学関連学会合同大会日本火山学会固有セッション 1991年度 春季大会 1991年4月 堀・川村・畠山・小野・山口
      長野県阿南町井戸地すべりの地質と崩壊機構
      地すべり学会 第29回研究発表会(松江) 1990年 青木・戸谷・堀・廣部
      変位の大きな地すべりの発生機構とその対策
      第25回土質工学研究発表会 1990年  羽田・出口・原園・堀・小田桐
      A debris avalanche deposit of Nasu Volcano,East Japan, as seen by the " resistivityimage profiling "
      technique 29th INTERNATIONAL GEOLOGICAL CONGRESS 1992 KYOTO Hori・Ono
      雲仙火山の活動史
      日本火山学会 1992年度 秋季大会(伊東) 1992年11月 堀・林・緒続・渡辺・星住・小野
      雲仙火山の地質(予察)とK-Ar年代
      日本火山学会 1992年度 秋季大会(伊東) 1992年11月 小野・渡辺・板谷・堀・星住・林・緒続
      大きな変位が継続した地すべりの対策例
      地すべり学会 第31回研究発表会(長野)1993年3月 堀・島
      立体写真を用いた岩盤斜面調査
      応用地質学会 1995年度研究発表会(仙台) 1995年島・堀・山田
      一般国道49号を例とした落石のシミュレーションについて
      土木学会新潟支部研究発表会 1996年 岩井・高橋・川口・堀
      十勝岳火山、3500y.B.P以降の活動史
      日本火山学会 1996年度 秋季大会(大島) 1996年11月 堀・槇納・神・小野・松尾・斎藤
      トレンチ調査によって把握された、九重火山の小規模噴火の活動履歴
      日本火山学会 伊藤・川辺・星住・須藤・鎌田・小野・堀
      情報伝達シミュレーションによる災害情報伝達体制の評価
      砂防学会 1997年度研究発表会 1997年  門間・安田・堀・廣井
      十勝岳1926火山泥流(大正泥流)堆積物から見た泥流の発生・流下機構
      日本火山学会 1997年度 秋季大会(松本) 堀・沼田・松尾・槇納・小野
      災害調査報告、映像資料、聞取り調査から見た十勝岳大正泥流の発生・流下機構
      日本火山学会 1997年度 秋季大会(松本) 槇納・沼田・堀・松尾・小野
      十勝火山群、上ホロカメトック火山の最近の火山活動
      日本火山学会 1997年度 秋季大会(松本) 1997年 斎藤・堀・市川・槇納
      情報共有化型防災情報ネットワークの提案
      砂防学会 1998年度研究発表会(札幌) 1998年 中島・中村・堀
      十勝岳富良野川における樽前a火山灰降下(1739)以降の火山泥流
      砂防学会1998年度研究発表会(札幌) 堀・米川・長山・笠置・槇納
      ヌッカクシ富良野川沿いの火山活動に伴う土砂移動
      砂防学会 1998年度 研究発表会(札幌) 1998年 斎藤・槇納・松尾・堀
      秋田県澄川地すべり、岩屑なだれー土石流の流下機構
      砂防学会 1999年度研究発表会(神戸) 1999年 中島・堀・中村
      堆積物から見た十勝岳大正泥流の発生機構
      地すべり学会第38回研究発表会 1999年9月 堀・槇納・笠置・斎藤・松尾
      堆積物から見た十勝岳大正泥流の流下・発達機構
      すべり学会第38回研究発表会 1999年9月 斎藤・笠置・篠原・槇納・堀・尾上
      1997秋田県澄川地すべりで発生した岩屑なだれー土石流の流下機構
      日本火山学会 1999年度 秋季大会 1999年 堀
      十勝岳1926大正泥流堆積物の粒度分布
      日本火山学会 1999年度 秋季大会 1999年 斎藤・堀・槇納・松尾
      1997秋田県澄川地すべりで発生した高速土砂移動現象
      地すべり学会第39回研究発表会 2000年 堀
      新白山火山の層序区分―年代測定結果による検討―
      日本火山学会 2000年度 秋季大会 2000年9月 北原・堀・小川・前川・石田
      十勝岳北西斜面における樽前a降下(1739)以降の長距離土砂移動
      日本火山学会 2000年度 秋季大会(水戸) 2000年9月 斎藤・堀・槇納
      1926年十勝岳「大正泥流」時の山体崩壊量と流下土砂量の算出
      地すべり学会第40回研究発表会 2001年8月 斎藤・中川・槇納・堀
      十勝岳火山最近3,500年間の長距離土砂移動履歴
      日本火山学会 2001年度 秋季大会(鹿児島) 2001年10月 斎藤・堀・後藤・槇納
      三次元写真測量を用いた割れ目形成過程の解明に関する研究
      応用地質学会 2002年度(徳島) 2002年9月 藤井・堀
      全国市町村が連携する防災GISネットワークの提供
      日本災害情報学会 2006年(京都)堀・中島・堀八重
      火山噴火災害を想定した災害時情報共有GISネットワーク
      日本自然災害学会 2005年(仙台)堀・塚原

会社概要に戻る上に戻る